企業に相応しい顧問社労士の資質や見分け方とは?

企業に相応しい顧問社労士の資質や見分け方とは?

いろいろな角度から社会保険労務士の顧問契約を考えてきました。ズバリ、あなた様企業に相応しい顧問社労士の見分け方を、おなじみ、東京都千代田区のBSP社会保険労務士法人からお届けいたします。

近隣の安心感

まずは、あなた様企業の所在する地域の社労士をネット検索してみてください。例えば、弊社であれば「千代田区 社労士」のようなふうにです。最初の対象の絞り方として、これはアリだと思います。当然、オンライン化の進んでいる時代ですので、WeB会議など、多くの社労士事務所は遠方対応もしています。ただ、近隣の顧客に関しては、行政の調査も対応可能であり、込み入った話も訪問してヒアリングすることができます。

代表は営業マン?

次に、ネット検索でヒットしたいくつかの候補に、実際にお問い合わせメールをしてみてください。このレスポンスの早さも重要です。
というのは、代表がいつも外出営業している事務所と、代表が、事務所でしっかりスタッフを指導している事務所に大きく分かれるからです。
代表の人間性、相性で顧問社労士を決めることが多いのですが、実際に細かい業務・作業を行うのはその事務所のスタッフです。
その際に、スタッフの後ろに経験豊かな有資格者がいるのかいないのか、これが労務相談の回答や、そのスピードに影響いたします。

業種の専門性

2つのステップで、ある程度、契約すべき顧問社会保険労務士が特定できたかと存じます。最後は、どの業種を強みとしているかです。特に、建設関係、介護関係、運輸関係、人材派遣関係などは、その業種に特化している社会保険労務士事務所をお勧めいたします。そうでない業種の場合も、やはり同業他社を見ている社会保険労務士の方が業界事情に詳しいため、話が早く進みます。

まとめ

以上、企業に相応しい顧問社労士の資質や見分け方を解説いたしました。実際は、紹介によるお客様が多いのが社会保険労務士の世界です。ただし、紹介者が紹介者としての信念を持っていれば別ですが、紹介された社会保険労務士があなた様企業にあった社会保険労務士という保証はございません。
上記の、ホームページから探す方法は、紹介された社会保険労務士の見極め方にも活用できます。
ぜひ、貴社事業を本当に理解してくれる社会保険労務士との出会いを願っております。